スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

補正2009-01-09(Fri)

シャッターを押すと…

DSCN1066_20081112_1549.jpg

写真が撮れます。

その写真の明るさ(露出)はカメラの方で決めてくれますが、
時には明るかったり暗かったりすることがありますよね。

で、そんな時どーするかってのを少々。

カメラは光を受けて写真となります。
通常は画面全体の光のバランスを測って、
カメラが適正と思われる明るさに調整してくれます(適正露出)。

が、光と影の部分の明るさの差が大きい場合などは、
目では両方はっきりと見えていたとしても、
カメラの方では見たままに写すことはできないです。

特に逆光の場合、写したいものが暗く、背景は普通に写ったりしやすいです。
こんなときに有効なのが「露出補正」ってやつです。
明るい部分に合わせるか、暗い部分に合わせるかの選択になりますが。。。

デジイチの場合はボタンを押しながらダイヤルを回すことで調整できます。
IMGP0301.jpg
コンデジでもメニュー内等で調整できるはずです。

露出補正っていうのは+0.3EVとかー0.7EVとかって表されるんですが、
+に調整するとカメラが決めた明るさより明るく、
ーに調整するとカメラが決めた明るさより暗くすることができます。

デジカメでは撮影後にその場で確認できるので、
明るいな。とか、暗いな。とか思ったら露出補正してみてください。

で、ちょっと試してみた。

IMGP0305.jpg
カメラまかせ

IMGP0308.jpg
+1.0EV

IMGP0311.jpg
ー1.0EV

コンデジで撮ったんですが、カメラまかせだと黒が見た目の黒より明るめに写ってます。
これはカメラが適正露出を決めるときにグレーっぽい明るさを適正と判断するため、
暗い部分が多いと明るめになってしまうからです。
この場合はー補正すると見た目に近くなります。

それとは逆に明るい色が多い場合は、
グレーっぽい明るさにするために暗めになってしまいます。
写したいもの(被写体)よりも、背景の面積が多く白っぽい(明るい)場合や
白っぽい(明るい)被写体をUPで写す場合、暗くなりやすいので+補正してみてください。


ただ、見た目の写真の明るさは個人の好みや表現方法にもなるので、
これが絶対!ってことはありません。

いろいろいじくって、いろいろ写して遊んでみるのもいいんじゃないでしょうか。
デジカメの利点はその場で確認できることですし、
たくさん撮っても現像代はかからないですしね^^



さて、カメラを使い始めてしばらくは説明書を読んでも意味がわからんことが多かったんだが、
この説明で理解してもらえるのだろうか。。。

わからんかったら言ってくれ!考える…^^;

今回の写真は全部コンデジでーす
スポンサーサイト

Comments(2) | Trackback(0) | カメラ

Comment

露出補正難しいですよね
今は少し理解したけど
最初のころは全然…
今もウマくは使いこなせてないなぁ

ためになります♪

2009-01-09 19:06 | URL | HAMACHI [ 編集]

あけましておめでとうございます―♪
今年もよろしくお願いします―♪

ホントですねェ――!!
カメラ任せと補正?かけたのぢゃ全然違うんですね!!

そらママのショボいカメラもついてるのかしら??
どれどれ??

2009-01-10 13:53 | URL | ★そらママ★ [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://ramujii.blog98.fc2.com/tb.php/75-0b84c870

中の人

ぢい

Author:ぢい
ラムの飼い主であり、
遊び相手
狩られることもあり
カメラにはまった。。。

ラム ♀ 2005年8月27日生まれ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

マウスについてくる犬の足跡

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

迷い込んじゃった人

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。